冬の沖縄旅行のデメリット

夏の観光とは違う冬の沖縄

沖縄といえば、日差しが強く熱いイメージがありますよね。海もきれいで、夏の旅行シーズンにはとても人気のある観光地です。夏のイメージが強いので冬のイメージはしにくいのではないでしょうか。本土に比べて比較的気温が安定していることもあり、冬でも極端に気温が下がることはありませんが、海に囲まれていることで、風が強く、実際の気温に比べて体感温度は低く感じます。そのため、夏のように海を満喫することもできません。夏のイメージが強い沖縄は、一年中海に入ることができ、夏の観光が出来ると思っている方もいるかもしれませんが、沖縄にも冬は存在するのです。そのため、夏のイメージのまま沖縄旅行に出かけると、想像と違うことに驚くことになるかもしれません。

冬でも沖縄を楽しむには

夏のように、海を満喫することも、日差しが照りつける中アイスクリームやかき氷を堪能することもできませんが、冬の沖縄を楽しむ方法もあります。沖縄といえば、やはり夏の観光地ということもあり、夏は旅費が高く、混雑しています。それに比べて冬場は夏よりも旅費も安く済み、ホテルなども取りやすくなるのです。また、沖縄では本土と桜の種類が違うため冬に桜が咲きます。一足早めにお花見ができますね。晴れの日には、綺麗な星空を満喫することもできるのです。夜の海で、夜空を眺めてのんびり過ごすのも気持ちがいいのではないでしょうか。運が良ければ流れ星を見ることもできます。海に囲まれているので風は強く冷たいですが気温は比較的に高いので、本土よりも過ごしやすいかもしれません。