冬の沖縄旅行の対策

冬の沖縄旅行!寒さ対策は必要?

冬の季節に沖縄旅行するのが初めての場合、どれくらい寒いのか気になる人もいるでしょう。沖縄は日本のほかの地域に比べると、冬は比較的温暖です。たとえば、1月頃は平均で17℃くらいの気温で、暖かい時間帯では20℃前後の気温が目安です。快適に過ごせそうですよね。一方で最低気温は15℃以下になることもあるので、人によっては少し肌寒いと感じるでしょう。また、ときには強い北風が吹いて気温以上に寒く感じることもあるので注意が必要です。沖縄といえば常夏をイメージしがちですが、沖縄もそれなりに冬らしい気候になるので油断しないようにしましょう。旅行に行くときはなるべく余計なものを持たずに、荷物はコンパクトにしていきたいですよね。冬の沖縄旅行の寒さ対策のために、どんな服をもっていけばよいのでしょう。

服装はどうすればいいの?

冬の沖縄に持っていくとよい服は、長袖のカーディガンや薄手のセーターです。寒がりな人は念のため薄手のコートがあるとよいでしょう。しかし、ダウンジャケットを持っていくほどではないです。また、日中は日差しがあるとコートが邪魔になることもあります。持っていく服装は、本州であれば秋物の服をイメージするとよいでしょう。そのため、真夏の装いで活躍するタンクトップや素足で履くサンダルは持っていかないほうが無難です。寒さ対策としては、これくらいで大丈夫です。しかし、ときには現地の人も風邪をひいてしまうような低温になる日もあるので注意しましょう。そのため、旅行前にはなるべく天気予報をチェックして、服装対策をしておくことが大切です。