夏の沖縄旅行のメリット

24時間・屋外で楽しく過ごせる

本州各地より緯度の低い沖縄は、夏場において本州以上に気温が高くなります。そのため、例えば緯度が高い海だと朝から海水浴を楽しむのは困難ながら、沖縄においてはまだ人がまばらな早朝(夜明け後)から海水浴などを楽しむ事が可能です。また夕方になって急に気温が下がるような事もないため、夕方の時間帯でも海に入っていられます。夜に関しては天体観測に向いており、本州の山の頂上に星を見に行くとなるとある程度の防寒が必要ですが、特に寒さ対策も不要です。ちなみに沖縄では夏に晴れれば郊外の天文台や海のそばより天の川などを見る事が出来て、見るものを感動させます。その他、石垣島付近の自然豊かな離島・西表島では夜に出歩きやすい夏季限定でホタル観賞ツアーなどが開催されていて、夏に行けば昼だけでなく夜も様々な楽しみ方が出来ます。

その他にもまだまだあるメリット

夏の沖縄は国内外からたくさんの観光客がやってきて混雑している印象が強めです。しかし、逆に言うと大体の観光スポット・行楽地に人がいるため、例えば体調を崩して倒れてしまったような場合でも近くにいる人に助けを呼んでもらえます。冬にあまり人気のない観光スポット滞在中に倒れてしまった場合は、誰も助けてくれず一人旅行であれば死んでしまう恐れもあると考えると、これは大きなメリットです。また夏の暑い中では、パイナップルジュースや新鮮素材を使ったジェラートなど冷たいスイーツ・ドリンクも、より美味しく感じられます。その他、沖縄の離島の中で本州から直行便でアクセスできるのは基本的に石垣島と宮古島のみです。しかし、夏季限定で直行便が用意される島もあり、夏は幅広い島に直行便でアクセスできます。